早漏 オナホール

オナホールで早漏が克服できる理由とは?

 

この記事では、オナホールで早漏を克服できる理由と、
具体的なやり方を説明します。

 

 

日頃オナニーを手でやっている人は少なくないと思います。

 

手だと自分の思い通りにできますし、やっぱり快感が強いですよね。
ですが、それではセックスの時に早漏になってしまうかもしれません。

 

なぜなら、膣の感触と手でしごく感覚は大幅に異なるからです。

 

一回しっかりイメージしてみましょう。

 

膣の感覚と、手でオナニーするときの感覚を。

 

両方とも気持ちいいのは確かですが、やっぱり感覚としては異なりますよね。

 

 

この差のせいで、射精障害になってしまうんです。

 

オナニーではなかなか射精しないのに、膣内だとすぐに射精する人(早漏)もいれば、
膣内だと射精できないのに、オナニーだとあっさり発射できる人(膣内射精障害)もいます。

 

どちらにせよ、膣内の感触に慣れていないと言えます。

 

だから、射精を制御できないんです。

 

早漏を改善したいのであれば、日頃から膣の感触に慣れておかなければなりません。

 

しかし、セックス以外で膣に慣れる方法なんてあるんでしょうか。

 

早漏を克服するためだけに大事なパートナーとセックスするなんて愛がなくて嫌ですもんね。

 

 

ここで、オナホールが役立ちます。

 

 

膣の感触とオナホールの感触はかなり似ているので、
日頃のオナニーでオナホールを使うようにすれば、どんどん膣に慣れていくことが可能です。

 

 

ただ、単に「じゃあ、これからはオナホールで抜くわ」という心構えではなく、
ちゃんと訓練をするつもりでオナホールを使いましょう。

 

まず、射精しそうになったらこらえます。

 

できるだけイクのを我慢して、射精までの時間を延ばしていくのです。

 

そうすれば、実際のセックスでのピストン運動の時間も長くなります。

 

 

それでは、具体的なやり方を説明しましょう。

 

 

オナホールのタイプは、これがいい

 

 

まず洗って繰り返し使えるタイプのオナホールを用意しましょう。

 

使い捨て式(テンガなどがそうですね)のオナホールはあまりおすすめしません。

 

なぜなら、繰り返し使えるタイプのオナホールを買った方が経済的だからです。

 

それに、使い捨てタイプに比べると、繰り返し使えるタイプの方がより膣の感触に似ています。

 

比べてみると一目瞭然で、使い捨てのオナホールよりも明らかに気持ちいいです。

 

「こういう膣の女性とセックスしたい!」と感じるくらいに(笑)。

 

 

「何」で抜くか

 

 

要するに「オカズ」を何にするかという話ですが、
個人的にはエッチな画像くらいがちょうど良いと思います。

 

アダルト動画で抜きたい男性が多いでしょうけど、
それでは刺激が強すぎてすぐにイってしまう可能性が高いんですよね。

 

オナホールの刺激はそもそも強いですし、
その上でとってもエロいAVを観てしまえば、すぐに発射してもおかしくありません。

 

ですから、マイルドなエロ画像がぴったりだと思います。

 

画像をオカズにしたことがある男性には分かるでしょうが、
動画よりも、圧倒的に射精しにくいですよね。

 

動画は立体的で観てるだけでもエッチですし、
その上で女性の声が聞こえるわけですから、刺激が非常に強烈です。

 

ですが、画像の場合は平面的で、女性の声はないわけですから、
訓練するのにちょうどいい刺激になってくれるというわけです。

 

 

個人的には、
AVが一番エロくて、次がヌード画像、その次が水着画像という感じですね。

 

早漏で悩んでいる方は、まずは水着画像で抜いてだんだん慣れていくと良いと思います。

 

 

ちょっと待ってからしごく

 

 

ちんちんをオナホールに入れたら、
快感が走っていきなりしごきたくなってしまうはずです。

 

ですが、これではあっさりイってしまうので訓練になりません。

 

ですから、オナホールにちんちんを入れたらそのまま3分間待ちましょう。

 

できるだけちんちんをズラさないように。

 

これで、オナホールの感覚に慣れていくんです。

 

この3分間でも射精しそうになるかもしれませんが、とにかくこらえます。

 

3分経過したらしごき始めますが、もちろん激しく動かしてはいけません。

 

できるだけゆっくり動かしてください。

 

慣れないうちはあっさり発射してしまうと思いますが、
繰り返すうちにだんだんイクまでの時間が長くなっていきます。

 

 

持続時間を記録しておく

 

 

持続時間を毎回記録しておきましょう。

 

そうしておけば、自分がどれくらい成長しているのかハッキリ分かるからです。

 

モチベーションがアップするので、挫折せず訓練を続けていくことができますよ。

 

時間はストップウォッチで測定しましょう。

 

スマートフォンアプリにもストップウォッチがありますので、それでも構いません。

 

オナホールに入れてしごき始めた瞬間から計測開始。

 

イッたときがフィニッシュ。

 

フィニッシュまでにかかった時間を記録しておきましょう。

 

 

どうしてもすぐに射精してしまう場合は?

 

 

先ほど解説したとおり、手でしごくよりもオナホールの方が圧倒的に快感が強いので、
慣れないうちはあっさり射精してしまう可能性が高いです。

 

ですが、だんだん慣れていけば我慢できるようになります。

 

ですから、最初のうちはすぐに発射してしまっても心配は無用です。

 

ただ、ある程度訓練を継続しているのに、
全然持続時間が延びないのであれば、少し危ういです。

 

このような方は、次の対策を取り入れてみましょう。

 

 

深呼吸する

 

イキそうになったら、深呼吸をすると我慢しやすいです。

 

「早漏」と「自律神経」には深い繋がりがあるので、
呼吸を整えるだけで、大きく変化する場合が多いです。

 

深呼吸をしてゆっくり息を吐けば、
副交感神経が活発になるので、発射を我慢することが可能です。

 

詳しい秒数を言うと、

  • 鼻から5秒くらい息をゆっくり吸う
  • 鼻から10秒くらい息をゆっくり吐く

というペースがおすすめ。

 

このペースを守ることで、副交感神経が優勢になるので、
イキにくくなりますよ。

 

 

関係のないことを想像する

 

全然関係のないことを想像するというのも有効です。

 

ものすごく興奮しているときでも、
「明日残業になるかなあ」などと考えれば、
たちまち冷静になれるはずですよね(笑)。

 

セックスとは一切関係ないことを考えれば、すぐに意識が切り替わって、
イクのを我慢することができます。

 

もっと単純に「今の時間は?」と考えてみるのもおすすめです。
ちらっと時計を見るのも良いですし、
「さっき〇時だったから、多分今は〇時くらい……」と考えてみるのも有効。

 

 

または、ベッドにおいてある何かを眺めるというのも良いですよ。
AV男優のしみけんさんは、昔は早漏だったらしいですが、
この方法によって早漏を克服することができたそうです。

 

とにかく、興奮しそうなタイミングで、気持ちを一気に切り替えるわけですね。

 

これら以外にも色々なやり方があるはです。
ご自身でも探してみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

 

 

では、最後にまとめておきます。

 

  • 手よりもオナホールで刺激しよう(膣に感触が似ているから)
  • 使い捨てではなく繰り返し使えるタイプのオナホールを使おう
  • 動画ではなく画像で抜こう
  • オナホールに入れたら動かず3分間待つ
  • 「シコシコ開始〜射精」までの時間を記録する
  • すぐに射精しそうな場合は深呼吸or別のことに意識を向ける

 

軽い早漏であればこれだけで克服できるかもしれません。

 

 

ですが、重い早漏となるとこれだけで完全に治すのは厳しいと思います。

 

私の早漏は1分間もたないレベルでした。
今回紹介したような訓練だけでも、まあある程度はマシにはなりました。

 

しかし、セックスで彼女を満足させることはできませんでしたね〜。

 

彼女がイク前に発射してしまっていたんですよ。

 

重い早漏の男性は、もっと本腰を入れて改善に取り組むことをおすすめします。

 

 

こちらの記事で、あなたの早漏の原因にあった対策がわかります。
       ↓↓

 

早漏原因チェックシート※早漏の原因を無料診断できます。